精肉店「柿安」はフードコートに進出加速…他3件|2/18~2/25店舗づくりのニュースまとめ

この記事では店舗づくりや出店・新業態で話題になった2/18~2/25の間のニュースやトピックを取り上げます。

精肉店「柿安」はフードコートに進出加速

柿安のロゴ
画像引用元:http://www.selvaselva.com

精肉店の老舗で、百貨店を中心に精肉・総菜店を展開する柿安本店が、ショッピングセンター(SC)内のフードコートへの新業態店の出店を加速しています。

同社は2月23日、フードコート型レストラン「柿安Meat Express」を「ららぽーと新三郷」(埼玉県三郷市)に開店しました。この新業態店は今2018年2月期に始めたばかり。今期だけですでに6店舗の開店と、当初計画を上回るペースで出店しています。

百貨店を中心に店舗展開してきた柿安本店ですが新業態の展開にアクセルを踏み込むのは、主戦場としてきた百貨店の先行きに対する不安があります。

新業態の育成に注力する柿安本店は目下、業績好調を維持しています。今2018年2月期は売上高440億円(前期比1.1%増)、当期純利益16億円(同27.7%増)と、過去最高益を更新する見込みとなっています。

店舗概要

店舗名称
柿安 Meat Express ららぽーと新三郷店
オープン日時
2018年2月23日(金)11時
営業時間
11:00~21:00
所在地
埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1 ららぽーと新三郷店 2F(フードコート内)

▷柿安 Meat Express ららぽーと新三郷店

マクドナルド10年ぶりに店舗純増へ

マクドナルドのキャンペーン画像
画像引用元:http://news.livedoor.com

日本マクドナルドホールディングスが13日発表した2017年12月期連結決算は純利益が前期の約4.5倍に当たる240億円となり、過去最高を更新しました。

18年からの3年間で150~200店を新規出店する計画も公表。18年は店舗数が10年ぶりに純増となります。17年12月期は新商品の発売や販売促進キャンペーンが効果を上げており、店舗の改装も集客増に貢献し、売上高は前期比11.9%増の2536億円となりました。

▷マック最高益240億円 10年ぶりに店舗数純増へ

川崎駅直結「アトレ川崎」がグランドオープン

アトレ川崎
画像引用元:https://trafficnews.jp

今回新たにオープンする増床部は3階と4階の一部。そのうち10店舗が神奈川県初出店となりました。「アトレ川崎」は2017年11月から段階的にリニューアルを行っており、今回のオープンをグランドオープンとして位置付けています。

 

アトレ川崎を管理・運営する株式会社アトレ(東京都渋谷区)は「川崎駅の利用者が毎日使えるような便利なマーケットを意識しました。駅の東口側には6つの入口を設けているため、『アトレ川崎』を利用した人の東口商店街への流動に繋がればと考えています」と話しています。

店舗概要

店舗名称
アトレ川崎
オープン日時
2月17日(土)
営業時間
ショッピング / AM10:00~PM9:00
レストラン / AM11:00~PM10:30
所在地
神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1

▷川崎駅直結「アトレ川崎」がグランドオープン 11店舗が神奈川県初出店

ローソン、商圏データから出店判断へ

ローソン・スリーエフの外観

画像引用元:lawson.co.jp

コンビニ大手のローソンが新規出店の可否判断に人工知能(AI)の活用を検討していることが18日判明しました。人口や世帯分布、交通量といった商圏データをAIが収集・分析し、既存の類似店舗の売り上げ実績を参考にしながら採算性を予測します。実用化すれば国内流通業界では初の試みとなり、地域特性に応じた店づくりを迅速に進めるのにも役立ちます。

生鮮食品を扱う「ローソンストア100」の出店で実証実験を昨年末に始め、学習を通じて判断の精度を高め、通常の「ローソン」や高級志向の「ナチュラルローソン」を含めた導入を目指します。

▷ローソン、AIが出店判断へ 商圏データ集め採算予測

業界ニュース

精肉店「柿安」はフードコートに進出加速…他3件|2/18~2/25店舗づくりのニュースまとめ

この記事が
気に入ったらlike!

最適な内装会社を探す(無料)