クラウドファンディングで飲食店を開業!1000万円以上も夢じゃない

ここ数年飲食店を開業する際の新たな資金調達の手法としてクラウドファンディングが注目されています。ネット上で不特定多数の人から資金を集めるという斬新な手法は、広く一般の人々にも認知されてきました。飲食店を開業される際はクラウドファンディングを一度検討してみてはいかがでしょうか。

コインの山

1. クラウドファンディングとは

そもそもクラウドファンディングとはどのようなものなのでしょうか。

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。製品開発や新たにサービスを始める際に、その目的を実現するために、起案者がインターネット上で不特定多数の人や組織から資金の出資を募る方法です。

アメリカを中心に2000年ごろから徐々に認知され始めたクラウドファンディングは、国内では震災救援プロジェクトなどから2011年以降に広がり始め、その支援金額も毎年右肩上がりに伸びています。

クラウドファンディングは飲食店の開業者にとっても、非常に相性のよいサービスと言われており、多くの店舗で利用されてきました。

2. 資金調達の方法

クラウドファンディングは資金提供者に対してのリターンと呼ばれる見返りによって、大きく3つのパターンに分類されます。

2-1 寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングとは、金銭的リターンが伴わない資金調達の方法です。

主に被災地や発展途上国の支援といった社会的な意義があるプロジェクトで利用されます。支援者は金銭的なリターンを求めることはできませんが、起案者のサイト内での活動報告を通じてどのようなお金の使い方がされているのかを見ることができます。

▽参考例

2-2 金融型クラウドファンディング

金融型クラウドファンディングとは、金銭(配当や利益の一部)または株式といったリターンが伴う資金調達の方法です。

不動産投資や海外投資、上場前の企業への出資などのように、これまで個人にはハードルの高かった投資案件が、小口の資金を集めて大口することによって誰もが投資活動に参加できるようになりました。

▽参考例

2-3 購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングとは、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援をしてもらう資金調達の方法です。

何か作りたい商品や始めたいサービスがある場合に、そのプロジェクトを魅力的に感じた人々が支援をします。多くの支援者はそのバラエティ豊かなリターンを目的にしており、商品やサービスの利用券の先行購入のような形になっています。

国内でも最も一般的なクラウドファンディングの形式で、プラットフォームごとに様々な特徴を持っています。

▽参考例

3. 飲食店の開業でクラウドファンディングを利用する3つのメリット

他にも開業資金を得るための方法はいくつかありますが、どうしてクラウドファンディングを利用するとよいのでしょうか。また飲食店はクラウドファンディングと相性がよいと言われていますがそれはなぜなのでしょうか。

クラウドファンディングで飲食店を開業するためのメリットを整理していきましょう。

参考独立開業者はチェックしたい!開業資金を得るための方法4選

3-1 開業前のファン獲得

最も効果がわかりやすいのは、店舗のファンになってもらえることです。

どの飲食店も開業して一番初めに苦労するのが、顧客を獲得することです。はじめは赤字でも仕方ないですが、最初の数ヶ月で固定客がつかなければ、赤字が膨らみすぐに潰れてしまいます。

クラウドファンディングを利用すれば、オープン前から開業する飲食店のファンがいるわけです。さらに出資した支援者はクーポンや商品といったリターンを受け取りに、必ず一度は店舗を訪れるわけです。さらにその中には知人友人に連れてきたり、常連客になる人もいるかもしれません。

難しいと言われている飲食店開業時の集客ですが、クラウドファンディングを使えば最高のスタートダッシュを切ることができるのです。

3-2 マーケティング・ニーズ調査

クラウドファンディングで資金調達を実施すれば、事前に顧客ニーズを把握するためのマーケティングを実施することができます。

新しいコンセプトで出店する際は、少なからず失敗のリスクが伴います。クラウドファンディングでプロジェクトを公開し、十分な支援者が集まるかどうかを確認することで、市場の価値を満たしているかどうかを事前に知ることができるのです。

プロジェクトに大勢の支援者が集まれば、顧客のニーズを満たしているということになるので、自信を持って飲食店を開業することができるのです。

3-3 プロモーション

クラウドファンディングは有効なプロモーション手法でもあります。

オリジナルなプロジェクトが多いクラウドファンディングは、ソーシャルメディアとの相性が非常によいとされています。魅力的なプロジェクトや斬新なプロジェクトはすぐにネット上で拡散され、クラウドファンディングのサイトを普段訪れないような人に対しても広がっていきます。

そのため広告費を割かなくても口コミやインターネットを通じてプロモーション活動を行うことができるのです。

4. 成功事例

とろさば料理専門店「SABAR(サバ―)」を運営する鯖やは、これまで大阪・福島店と天満店、東京・恵比寿店の出店の際にクラウドファンディングを利用し、3685万380円を調達してきた飲食店でクラウドファンディングを成功させてきた先駆けとも言える存在です。

自分たちに強いビジョンや強みがある飲食店は是非利用してみてはいかがでしょうか。

また日経ビジネスオンラインにコラムが掲載されていますので、ぜひご覧になってください。

5. まとめ

これだけ魅力がたくさん詰まったクラウドファンディングですから、同じような形で開業しようとする飲食店のライバルが多くいます。

ライバルとの競争で勝ち抜くためには、いかに魅力的なリターンを用意して、どのようにソーシャルメディアで拡散させるか戦略を練ることが大切です。

クラウドファンディングを利用して飲食店を開業し、成功への道をつかみ取りましょう。

お金

クラウドファンディングで飲食店を開業!1000万円以上も夢じゃない

この記事が
気に入ったらlike!

なるべく出店費用を抑えたい法人様へ 出店費用を最大20%削減する10の戦略

年間1000件以上の内装マッチングを手掛ける中でわかった内装費用削減のためのノウハウを公開しています。

本書を読んでほしい方

  • 出店におけるコストをできるだけ下げたい経営層の方々
  • 店舗開発部にて日々内装費用の削減に頭を悩ませている法人様
  • 2店舗目以降の個人開業出店を考えている方
お問い合わせはこちらから